読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせ、テスト用だし良いだろ、ってアップデートしたら、Sambaが停止した話

アップデートは止めときなはれ。

久しぶりに、VMを開くと、「アップデートしてください!」と出た。(何故か、GUIである。)

何も考えずに、アップデートボタンを押した。

すると。。Sambaが死んだ。

systemctl status smb

ってやると、 failed to SMB deamon とだけ出てる。

log を見ると・・・ありました。

[Worning] ignoring invalid value 'share' for parameter 'security'

Samba4系で廃止されたプロパティ

結局、調べると、Samba4系では、security=shareが廃止された、との事でした。

cf: secutity=shareとは? 「パスワード認証なしで誰でも、共有フォルダにアクセス出来るようにする設定プロパティ」です。

解決方法

現状、security=shareと同じ意味を持つ、プロパティは無いそうです。

では、どうするか。 プロパティの複数の組合せによって、同じ状況を作り出します。

/usr/local/etc フォルダにある、smb.conf を以下のように修正します。

[global]
   security = user
   map to guest = Bad User
   guest ok = yes

簡単に説明すると、

security = user でユーザー認証モードになる。(この辺り、詳しくないので、逃げます)

map to guest の設定で、ユーザー認証にこけた場合、ゲストアカウントとして、アクセスするようになる。

guest ok の設定で、共有フォルダへゲストアカウントがアクセスするのを許可する、という設定です。

主に、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

大変助かりました。ありがとうございました。