読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第三回岡山Swiftもくもく会 終了レポート by @ikkitang

Android Swift もくもく会 勉強会 okandroid okswift アプリ

第三回 岡山Swiftもくもく会

無事、今回も第5回岡山Androidもくもく会 & 第三回岡山Swiftもくもく会、終了いたしました。

7名の方が参加してくださいました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました!!

今回の振り返り

BGMを掛けてもらってました!割りとそれで、賑やかな雰囲気を味わいながら、集中できる良い環境になったと思います。

今後も続けていこうかね。

今日もラーメン美味しかった。

特製支那そば++ って感じの注文でした笑

LTをして頂きました。

一人目: Android Instant Apps について (Kasseさん)

LTの様子 f:id:ikkitang1211:20160521202758j:plain

Android Instant Apps について、LTして頂きました。

先日の Googleの開発者向けイベント [Google I/O] (http://gigazine.net/news/20160519-googleio2016-matome/)にて、発表された所、ぐらいの出来たてホヤホヤの話だったので、質問がすごいあって、めっちゃ白熱した議論になりました。

二人目: Swift Package Manager (JPMarthaさん)

LTの様子

Swift Package Manager は Appleが発表した新しいパッケージツールで、今後、Swift3.0 以降にて、使えるようになる、との事でした。

しかも、何がすごい、ってJPMarthaさん・・
ここの・・・apple/swift-package-manager contributors

↓ こういう方でした。 f:id:ikkitang1211:20160521204951p:plain

Apple公開ソースFolk して、バグ発見して、 修正して、 Pull Request を送って、Merge された。

すごい、ゲストの方に来て頂きました。ありがとうございました。

ちなみに、この方、先日のオープンセミナー岡山2016 お知り合いになった方です。

自分の進捗

今日は、公開したいアプリを作っていました。
リリースの主目的は、初の自作アプリの作成と、Realmを使う です。

で、作ってるものは、 有給休暇の管理アプリです。
まあ、いつ休んだか、後、有給が何回残ってるか、ぐらい。
まあ、当面の目標としは、登録だけで。。

何回残ってるか、なんて、絶対バグ出るので笑 (削除時とか・・・有効期限切れとか・・・頭いたいよね。)

ちなみに、

一応、Githubにあります笑 どうだろう。。 まずかったりする?
APIで連携したりとかじゃなくて、スタンドアロン的な使い方だから、セキュリティ面の所を見つけられて・・とか無さそうだし、別に良いかな、と思ってるんだけど・・。

別にソースパクられて、公開されるとかは別になんとも。。笑

むしろ、ソース汚くてすみませんm(_ _)mとしか、思えない。

なんというか、Githubの草生やし が自分の性根にあっているな、と思った。

自分の頑張りが草生やしで見えるから、モチベーションが続けやすそう。

現在、こんな感じで進んでます。 

最終的に、有給休暇の登録画面ぐらいを作りかけ中です。

次回告知

2016/06/19 (日) に 行います!!

予定があえば、是非お越しください。

下の使えるかなー。。↓ 申し込みフォークの埋め込みだってー。
第六回「岡山Androidもくもく会」& 第四回「岡山Swiftもくもく会」

ではではm(_ _)m

MySQLで偶数、奇数の判定

プログラム mysql db データベース

普段使うかどうかは分からないんですけど笑

テストデータ作る時に、各親IDにつき明細データを二件ずつぶら下げてテストデータを作ろう、と思い立ちまして、

偶数の時は~~でアップデート奇数の時は ~~でアップデート なんて、やるのどうするんだろう? って思ったので、調べました。

偶数判定

SELECT * FROM hoges WHERE id % 2 = 0

奇数判定

SELECT * FROM hoges WHERE id % 2 != 0

なんてことはない、普通に色んな言語にある演算子でした。

RealmSwift でハマったのでリベンジしてみた。 #realm

プログラミング iOS Swift Realm iPhoneアプリ

先日、こんな所ではまりました。
再挑戦してみました!

参考にしたサイト

Realm公式サイト を参考にさせていただいております。

テストプロジェクトを作成

testRealm1 ってプロジェクトを作りました。
Master-Detail Application f:id:ikkitang1211:20160515231632p:plain

※ まずは、動作チェック f:id:ikkitang1211:20160515231804p:plain

ターミナルでアクセスして、CocoaPodsでインストールを試みます。

$ pod version
    1.0.0.beta.3
$ pod init 

$ vi Podfile で PodFileを修正します。 f:id:ikkitang1211:20160515232256p:plain

$ pod install 結果はこんな感じ。 f:id:ikkitang1211:20160515233642p:plain

入ったように見える。 フォルダ内部はこんな感じに変更になりました。

f:id:ikkitang1211:20160515233936p:plain

$ open testRealm1.xcworkspace 

取り敢えず、Realmを何も使っていない状態で、動くかどうかの動作チェックとして、ビルドしてみました。

f:id:ikkitang1211:20160515234425p:plain

f:id:ikkitang1211:20160515234439p:plain

。。。。??? (´・ω・`) 同じ、エラーだな、、、

とりあえず、もう一回、トライしてみよう。

解決したら、次回にアップします。

解決方法? 追加ー!

どうやら、 CocoaPods 1.0 以上が、Realm対応していない、みたいな話らしいです。 参考: realm / realm-cocoa

cocoapods の バージョンを指定して、インストールしてみる事とします。

皆、大好き、Qiitaより、調べました。 参照先

bundler を インストールします。

$ gem install bundler
$ cd ~~/testRealm1
$ bundle init

vi Gemfile で、設定を指定します。

f:id:ikkitang1211:20160516004047p:plain

$ bundle install --path vendor/bundle で、Gemfileに従って、インストールを行います。

$ bundle exec pod --version
   0.39.0
$ bundle exec pod install

って事で、CocoaPods のバージョンが 0.39.0 で指定されて、Realmがインストールされました。

解決して、ビルドも通りました!! よっしゃ!!

オープンセミナー岡山2016でスピーカーとして登壇してきたよ(・∀・)

勉強会 oso2016 オープンセミナー岡山 okswift okandroid

オープンセミナー岡山2016 とは

公式ホームページ

『オープンセミナーはソフトウェア技術をテーマにした無料セミナーです。このセミナーの企画・運営は、技術系ユーザコミュニティのボランティアで行われています。』 (開催概要より抜粋)

今年のテーマは スマホ祭り」でした。

iPhoneAndroidに代表されるスマホは、国内市場で販売され始めた頃に比べて大幅な進化を遂げ、既に広く一般も普及しました。
その進化に伴い、アプリやWebサイトの構造やデザインも大きく変化しています。
プログラマやデザイナ等、アプリやWebサイトの作成に携わる開発者にとって、スマホ対応のスキルは必須と言っても過言ではないでしょう。
そこで「スマホ祭り」と題し、現代のスマホを取り巻く環境を再確認できる場を設けることにしました。
今回のイベントを通して、スマホの最新事情について改めて見直すきっかけにしていただければ幸いです。(テーマより抜粋)

最高のセミナーでした。

登壇依頼

今、月一で開催している岡山Androidもくもく会と岡山Swiftもくもく会について、一緒に開催しているcndtmcさんと二人で、何故、開催に至ったかなどについて、話してほしい、と実行委員の方より、ご依頼頂いて、お話させていただきました。

当日

最初の第一声を話した瞬間から、マイク持ってる手は震えるし声は震えるしで「やばいなー」とか思ってました。笑

スライド見るのに精一杯で、前見てる余裕も無し(´・ω・`)

取り敢えず、cndtmcさんの発表中に必死で落ち着きを取り戻すように努力しました。

終わってみて

どうだったんでしょうね。

求められていた事は達成できたのか、取り敢えず、必死にやりました。

未だに、「もくもく会とは何ですか?」の質問に対して、どう回答すべきだったんだろう?って感じですね笑

でも、ハッシュタグのツイートを読んで、「まずは、必死に運営していけば良いんじゃない」とか、色んなツイート本当にうれしいですね。

後、「前々から知ってたけど、予定が合わなくていけなかったんだよー」みたいな、お話を色んな人から聞きました。

非常にうれしかったです。 ご存知だった事とか、行けるかどうか考えてくださった事とか、嬉しいです。

月一で開催していきますので、是非ご参加ください!

以下、スライドです。

懇親会の話

#オープンセミナー岡山2016 #oso2016懇親会、控え目に言っても最高だった。

今回も最高の懇親会でした。

二次会まで参加させてもらって、色んな先輩方に色んなお話しを聞きました。やっぱ、二次会とか色んな所で自分より年上の方々にお話しを聞くのは面白いです。

言い方悪いですけど、『攻略本読んでる』みたいな感じです。

でも、実行に移すかどうかは、自分次第ですね。 刺激を得られまくったので、明日から、挑戦していきたいです。

手始めに毎日、コードを書く事から。

最後に

最後になりましたが、今回、実行してくださった実行委員の皆さま、大変ありがとうございました。

お疲れ様でした。

また、登壇の機会を与えてくださって、ありがとうございました。

来年、色々とよろしくお願いします。 お世話になります。

いつかやる、まだはやい => やらない

ハンバァァァァァァグ!

#okayama.rb #ruby 今日の進捗!

今日はあれに行ってきました。

あれって何かって?

あれだよ、あれ

ハンバーグだよ!!

f:id:ikkitang1211:20160324233513p:plain

言うてみたかっただけです。

岡山ハンバーグの会こと、Okayama.rb に行って、Rubyを勉強してきました。

チーズハンバーグ久しぶりに食べたよ。 うまかった。

まあ、Rubyって色んな所で聞くけど、実際、どんなものか知らないし、知ってみたい、やってみたい、と思ったので、チャレンジしてみました。

岡山Swift勉強会や岡山Androidもくもく会の宣伝ツイートをbotにして、呟かせるようにしてみたいと思います。

Hubotってのを使うらしいです。

雑談

私にはまだはやいです

最近、まあ、仕事が忙しすぎて、TwitterのTLを「仕事しんどい」で荒らしまくっててすみませんm(_ _)m

毎日、大変でした。 夜中、泣きながら仕事しました。

取り敢えず、3末納期には何とか間に合わせそうです。

さて、弊社では、4月から新しく新入社員を2人迎えます。
新卒で入って、丸三年。 沢山の後輩が入社されましたが、後輩となるのは、皆、年が一回り以上違う人ばかり。

年下が入らず難儀してましたが、やっと、後輩が出来そうです。

その辺りで思った事があって、ちょっと、愚痴。

後輩の教育係だれがする?

初めての後輩ってのもあって、一人が私の下につく事になりました。

さて、もう一人の教育係は? 現在、まだ決まっていません。(´・ω・`) 何なら、自分が二人みる?なんて話も出てるぐらいです。

皆、いうんですよね。
「私には、教える事なんかできません」「まだ、はやいです。」って。

いつも、思うんですよね。
「じゃあ、あなたは定年まで後輩を付けずに過ごすつもりですか?」と。

若いうちにミスを一杯積んでおけばいいのに、今このチャンス逃したら、30代、40代になって、初めての後輩で、ノウハウが無くて育成失敗、なんて事もあるよな。って思います。

プログラミングをしてたら、理論の意味の無さというか、「実際にやってみる事の大切さ」って身に染みて実感すると思うんだけどな。

「まだ、はやいっていうなら、適切な時期は一体いつなんだろう?」と。

「いつかやります」は絶対やらない人の逃げ口だと思います。

大学のもう一人の恩師が言っておりました。
「心配するな。 皆ダメに決まってる。」

自分も全然ダメだし、まだまだ下を付けるには不安があるけど、精一杯、頑張りたいと思います。

人生初のLTに挑戦してみました #okandroid #okswift

第三回のAndroidもくもく会 & 岡山Swiftもくもく会の初開催

昨日、 2016/03/12(土)は、第三回のAndroidアプリ開発のもくもく会 & 第一回岡山Swiftもくもく会でした。
バナー

今回は、岡山で、Androidだけでなく、iOSアプリ開発も盛り上げていこうと、岡山Swiftもくもく会も同時に開催する事となりました。

また、今回は会場をギークハウス岡山を使わせて頂きました。

ありがとうございました。

人生初のLTに挑戦!

今回は人生初のLTに挑戦させてもらいました。
元々は、Realmを題材にお話させてもらう予定だったのですが、
仕事が忙しすぎて間に合わなかった初心者の方が沢山いらっしゃったので、簡単にiOSアプリを作る時に、どうやって、画面作っていくか、について、まとめてみました。

以下、そのスライドです。

keynoteで作ったスライドをSlideShareにアップする時、写真以外の情報が全て消えてしまう現象に遭遇された方いらっしゃいますか?
結果的に、Keynoteからppt(パワポの旧式拡張子)に書き出して、それをpdfにして解決しました。。。

f:id:ikkitang1211:20160313095011p:plain

LTにて得た知見

まあ、アホほど緊張したんですが。。。笑

でも、ガヤしてくださった方が数名いらっしゃって、本当助かりました。
お陰で少し緊張がほぐれました。
自分の作った物で、リアクションがあると、やっぱり嬉しいです。

まあ、振り返ると、反省点等は結構あって、良い経験になりました。
やっぱり早口になってしまった事はまずかったですね。 うまく内容伝わったんかなー?って思っちゃいます。

元々、持ち時間が10分で、家で数回、リハーサルした所、10分を超えてしまう時が多々あって、その度、スライド削ったり、重複している言い回し部分を削ったりしたのですが、やっぱ、10分以内に収めないと!って焦ってしまいました。

まあ、その辺りは経験かな。 今後、もう少し経験を積んでいきたいですね。

後は、白背景のものが見づらい事でしょうか。
ちょくちょくLTを見ている上でみづらい文字って、結構あって、割とその辺り調整してたつもりだったんですが、白背景の部分って結構飛んでしまってました。

今後の発表スライドを作る時の課題です。

でも、大学以来、題材の良さについてを真剣に向き合って考えたので、懐かしい気持ちになりました。

僕は、このスライドを通して、
AutoLayoutとInterfaceBuilderを使うことで、
・ アプリのUIや画面遷移をビルドしなくても直感的に見て分かる事
・ 違う端末の人でも、ほぼ同じUIを作る事が出来る事

を良さと考えていて、それを伝えたかったです。

もう一人のLTの方も発表してくださって、そのLTも良かったですね。
結構、議論の余地というか、質問等でかなり盛り上がって、良いLTだったと思います!

次回のイベント予定について、

次回は、 2016/04/23 (土) 予定しております。
次回も、ギークハウス岡山 さんを貸して頂く予定です。

イベントページを作成しました! 第二回岡山Swiftもくもく会&第四回岡山Androidもくもく会 です!

是非是非ご参加ください!

また、Twitterで、 #okandroid #okswiftハッシュタグで詳細をツイートさせていただきたいと思います!

ではでは。

『第二回「岡山Androidもくもく会」& Windows phoneもくもく会』 に参加してきました

Android もくもく会 岡山Androidもくもく会 okandroid

第二回のAndroidもくもく会

本日、 2016/02/28(日)は、第二回のAndroidアプリ開発のもくもく会でした。
バナー

何はともあれ、無事に終わって良かったです。 企画ありがとうございました。 やっぱり、こういうもくもく会の場があると良いですね。 今日はとても進捗がよかったです。

第一回もくもく会から進んだこと

前回の第一回Androidのもくもく会から、約一カ月。
前回は、まだ作りたいものも無く、取り敢えず、良い機会だから、勉強してみよう。というぐらいのモチベーションだったんですが、今は、具体的に作りたいものがあって、そのための技術を勉強しようという感じでした。

今日の進捗

今日の目標

  1. 一覧画面を作成する。
  2. 一覧画面をクリックした時に詳細画面を表示する。
  3. 一覧画面にサムネイル画像を表示する。

結果的に全部完成させる事が出来ました。

一覧画面を作成する

まずは、一覧画面を作っていきました。
Androidでは、一覧画面をListViewを使って表示していきます。
割とさくさく進んで、下のツイートのような感じですすみました。

一覧画面をクリックしたときに詳細画面を表示する

次に、ListViewの各クリックイベントを取ろうかなー、と思いまして、
ListViewのリストをクリック -> 文字をアラート表示する を実装していきました。
完成した物がこちらになります。


某童謡を参考にして、ドレミファソラシの音階で作ってみました。

で、詳細画面の実装を行ったのですが・・・。問題が一つ。。

Androidで、画面遷移を行うと、後ろから新しい画面がすっと出てきます。
Swiftのアプリ開発をやってたので、一覧画面から詳細画面を表示するときに、スライドしないのが気持ち悪くて笑
実装していきました。
いや、本当、iOSの開発楽だね。そういう点は。

結局、画面遷移のアニメーション作ったけど、大分カクカクですよね。。。。
みなさん、どうしてるんでしょう?

画面のサムネイルを作成する。

ArrayAdapterをカスタマイズして、画像と文字列を渡してみました。

そして、本日全体として、完成したものがこちら!

イラスト可愛いですね。笑
いらすとやから拝借しました。

色んなブログを参考にさせてもらいました。
ありがとうございます。

技術系のまとめは、明日以降にまた、書きますので。。。

githubオープンソースであげてみようかと思っておりますので、ご参考にしてください。

本日の振り返り

iOSAndroidでやっぱりそれぞれ良さが異なるなー、って思ってました。

個人的に思った点では、
画面遷移のアニメーション関係では、iOSアプリ開発の方がとても楽だと思います。 ※初心者にとっては

ただ、Android側は、カスタムセルというか、一覧画面上のレイアウトを自分の思い通りに作るのが楽かな、と。

割と、サムネイルを作成するのも簡単でしたし。
まあ、私は、AutoLayoutが苦手なので、本当主観だと思います。。。

次回にむけて

次回は、API連携をして、APIの結果を一覧に表示させていきます。

実は、もう、イベント開催の日が決まっております。
2016/03/12(土) 第三回「岡山Androidもくもく会」&第一回「岡山Swiftもくもく会」

次回は、Swiftを使ったiOSアプリのもくもく会も同時開催となります。

そして、次回はなんと、私たち、スタッフ(2人)がLTを行います。
私、人生初のLTです。 今から吐きそうです。
緊張するし、嫌だけど、やりたい、というこの微妙な気持ち笑
小さな事からコツコツとアウトプットさせてください。 あと、温かい目でお守りください。

登壇内容は
Realmを使ってメモ帳を作ろう!【iOS編】
Realmを使ってメモ帳を作ろう!【Android編】
です。

同じアプリをiOSAndroidそれぞれで作ってみよう、という試み。
個人的にとても面白くなりそうで、期待したいですね。

取り敢えず、目標として、来週中には、LTの準備を完了させたいです。
がんばりまーーす。

それでは。